• ホーム
  • ニキビの症状改善に効果があるとされる肌断食のメリット・デメリットとは!

ニキビの症状改善に効果があるとされる肌断食のメリット・デメリットとは!

肌は日々何らかのダメージを受けているもので、代表的なのは紫外線や乾燥・過度のスキンケアなどであり、少しずつダメージが蓄積して肌が本来の自然治癒力を失ったときに、ニキビなどの肌トラブルが発生してきます。肌へのダメージが飽和状態になると混合肌に進行することが多く、敏感肌やオイリー肌などが混在する状態になりやすいので、肌断食をして肌のダメージをリセットして元気にする方法を実践していく対策をおすすめします。

食生活における断食は週末のみ食事制限をしたり、置き換えダイエットをしたりしますが、肌断食の場合はスキンケア自体をまったくしない状態を指しており、それによって肌本来のバリア機能を甦らせるメリットがあるのです。未成年のころはメイクをしなくても肌トラブルが少なく、年齢を重ねるにつれて肌が老化してメイクが必要になるわけですが、メイクが老化の原因になっているかもしれないと認識した人は多いはずで、実際にメイクのし過ぎは肌を傷めます。

肌断食をすれば保湿成分・美白成分などの使用をできないデメリットがありますが、一方でスキンケアから脱却することで肌が自然治癒力を取り戻し、皮脂量を適量に調整してオイリーやニキビを予防できるようになるのです。厚塗りメイクが日課になっている人は、肌がダメージを受けていると認識していても、肌を露出するのが恥ずかしいゆえにメイクをやめられない人は多いですが、10年後の美肌を実現するためには思い切って肌断食をする価値があります。

肌断食はスキンケア用品はもちろん洗顔料も使用しないので、肌の汚れを落とすときはぬるま湯で洗うことになり、最初のころは皮脂が残るので不快感を覚えるでしょうが、次第に皮脂が適正量に調整されていくのを実感できるでしょう。スキンケア用品に依存した生活を送っていると、肌が怠けてしまう現実がありますので、肌本来の強さを取り戻してニキビを予防するためにも、しばらくの間は肌断食を実践して若いころの自然治癒力や免疫力を甦らせてください。

ニキビが発生する状態は肌は弱くなっていることが多いので、肌断食をしてオイリーや乾燥を解消しつつ健全な肌に戻すことにより、毛穴のつまりやアクネ菌の繁殖なども抑制し、さらに紫外線にも強い肌に変えていきましょう。このように肌断食には肌を強化するメリットがありますが、すでに肌状態が極度に悪化している場合はメイクで隠せなくなるデメリットがありますので、肌状態が本格的に悪化する前の予防対策として実践するのが得策です。