• ホーム
  • 寝不足が肌荒れにつながってしまうメカニズムを知りスキンケアの参考にしよう!

寝不足が肌荒れにつながってしまうメカニズムを知りスキンケアの参考にしよう!

肌は健康状態に左右されるもので、肌が不健康になると肌荒れが生じることは多くの人が経験的に知っており、それゆえ食生活やメイクに気を配るという人は多いですが、寝不足も肌荒れの原因になると認識しておく必要があります。ニキビが発生する肌はターンオーバーが停滞しており、肌の新陳代謝が衰えている状態にありますから、肌を元気にするために睡眠の質をよくして、正常なターンオーバーに整えつつ肌サイクルを健全にしていくことがスキンケアとして重要です。

肌をゆっくりと休息させるためには熟睡する状態が好ましいので、寝つくまでに時間がかかる人や夜中に何度も目が覚める人などは、自律神経のバランスを整えて精神を落ち着かせて、入眠しやすい状態に変えていくようにします。寝不足を防ぐためには交感神経を抑制して副交感神経を優位にするのがコツで、それにより心身がリラックスして脳を落ち着かせ、質のよい睡眠を実現することで脳をクリアにし、気持ちのよい寝起きを実現してくれるでしょう。

寝不足は本人が自覚していなくても肌に悪影響を与えており、ターンオーバーや自律神経の乱れを引き起こすというメカニズムにより、皮脂分泌を増やしてニキビのリスクを高めますので、今日から質のよい睡眠を意識してください。すっきりした目覚めのためには就寝時刻が翌日にならないように工夫する必要があり、夜ふかしして翌日の1時や2時に床につくといった状況は好ましくなく、肌の免疫を低下させる要因にもなるので、なるべく22時くらいまでに眠るようにするのが得策です。

寝不足をすると男性ホルモン分泌が増えてしまい、肌がオイリーになることでニキビの引き金となりますので、男性ホルモン分泌を抑えるためにも就寝する時刻と時間には十分に配慮し、特に寝起きが悪いという状況は避けてください。肌を健康にするメカニズムには成長ホルモンが大きく関係しており、これを積極的に分泌させることが重要なので、特に22時~翌朝2時の間は中途覚醒することなく、ぐっすりと熟睡している状態にするのが好ましいです。

中途覚醒は夜何度もトイレに起きる人に発生しやすいので、就寝前の水分の過剰摂取には注意してなるべくトイレに起きないこと、そして入眠しやすい状態を作り出すことがポイントなので、就寝前にカフェインを摂るのも避けてください。カフェインは利尿作用と覚醒作用があるので就寝前に摂ると寝つきにくい状態にしますし、何よりカフェイン自体に刺激作用があるので胃腸を弱くして栄養素の吸収を阻害し、それによってビタミン不足を招いてニキビを誘発する可能性があります。