• ホーム
  • 様々な国の人々の悩みを救ってきたニキビ治療薬のアダフェリンの効果とは?

様々な国の人々の悩みを救ってきたニキビ治療薬のアダフェリンの効果とは?

顔を洗う女性

ニキビに悩んでいる人は日本だけでなく世界各国に存在しており、そうした人たちの悩みを解消してきたニキビ治療薬のアダフェリンは、さまざまなタイプのニキビに効果を発揮し、使用から1週間くらいで変化を感じる人が多いです。ニキビは背中やお尻などに発生することもありますが、アダフェリンはニキビの中でも最も目立つ顔ニキビ対策として優れており、有効成分アダパレンに由来するピーリング効果によって肌をスベスベ状態に変えていきます。

日本においては皮膚科で処方されるディフェリンゲルとしておなじみで、初期から重度のニキビ治療薬として活用されており、炎症の有無に関係なく使用できるのがメリットで、特に思春期ニキビに悩んでいるお子さんに最適です。毛穴が狭くなるとつまりが発生して皮脂が蓄積することでニキビの発症率を高めるので、まずは毛穴のつまりを解消して清潔な状態にすることが対策の第一歩になり、そのために役立つのがつまり解消効果のあるアダフェリンです。

特に、ニキビの予防対策に適しているニキビ治療薬で、すでに発生しているところだけでなく、発生する兆しがある部位に使用することもできるので、ポツポツとしたニキビが少しずつ増えてきたという状態での使用を推奨します。ニキビが慢性化している状態は肌質が健全ではないので、時間をかけて肌質を正常に戻していく必要があり、そのために角栓の除去作用があるアダフェリンが重宝しますので、1日1回を就寝前の洗顔後に使用してください。

1週間くらい使用するとニキビが減ったと感じられますが、本格的な効果を得るためには最長で12ヶ月まで使用可能ですから、焦らずに地道にニキビ治療をして正常肌に変えていき、ニキビが再発しにくい状態にしましょう。肌に皮脂やメイクが残っていると効果が半減してしまうので、使用する前にはしっかりと洗顔をして毛穴と肌を清潔にしておき、それから肌に優しい化粧水や美容液で十分に保湿し、アダフェリン適量を塗布してください。

ニキビ治療薬には攻めの薬・守りの薬があり、前者は積極的にニキビの炎症に作用していくのに対して、後者に該当するアダフェリンはニキビが発生しにくい肌質に変えることで、今あるニキビを減らしつつ再発を抑えるのが特徴です。一般的に顕著な効果を実感するためには2~3ヶ月の継続使用が必要になりますので、焦らずにコツコツと治療をしつつ正しい洗顔の実施、乱れた生活習慣の改善なども並行しつつ再発を抑えていく対策を実践してください。